「未分類」カテゴリーアーカイブ

心が動くって…

こんにちは

Hapisachiです

夏の終わり

親しくしている従兄が施設に暮らす母を訪ねてくれました

母は認知症ではないけれど

脳梗塞を患ってから短期記憶を失い

自分の家がわからなくなってしまう

ご飯をたくさん食べてしまう

といった症状で1人暮らしが困難に

2022年2月に今のところに入所し

心穏やかに安全に暮らしています

コロナで面会できない間は色々心配だったけど

今は短時間ながらおしゃべりを楽しむことができ

大好きな母の笑顔に元気をもらっています。

そんな中、遠いところから来てくれた従兄

「覚えてるかなぁ…」

少し不安だったけど

母は従兄がマスクをとって顏を見せるなり

「〇〇ちゃん!来てくれたの?」

「嬉しい!」

「おじさんになったね(笑)」と…

不安は全く無用でした

職員の方の注意をよそに

手を取り合って感激の再開

お別れの時は

「なんか泣けちゃう」

「また来てね」

「今度はご飯一緒に食べようね」

これまた涙で顏をクチャクチャにした従兄と手を取り合い

別れを惜しんでいました

年齢を重ね大きな病を経験するうちに

表情を失うお年寄りもいる中

笑って泣いて

心を大きく動かす母

娘としてすごくすごく嬉しいひと時でした

母と娘って

色々難しいんだけど

私も娘が2人いてそれを実感するんだけど

こんな風に優しい気持ちで母娘で過ごせる日もある

やっぱり「人生は悪くない」

そんな風に思える一日でした

Introduction

こんにちは

Hapisachiです

幼稚園から中学生の子どもがお客様の仕事をしています

最近ではずっとやりたかった習い事をはじめ

休日には夫であるNと色々な料理に挑戦

2人の娘はそれぞれ自立し(次女はまだ大学生だけど)

ご飯やショッピングを楽しんだり

時には一緒に旅行したりもします

年齢的に介護問題が無いわけではないけれど

介護保険のおかげで

自分の暮らしは圧迫されずにすんでいます

素晴らしきかな人生・・・

最近はそんな風に思えるようになり

超高齢化社会にも立ち向かえる前向き気分で

日々を暮らしています

だけど・・・

ずっと恵まれた人生だったわけではありません

古い考えが残る京都の家に生まれ

「女に教育は不要」と豪語する昭和な父と

父についていくだけの母

わがままな父に振り回され苦労が絶えない日々もあり

「私は一生 幸せになんかなれない」

そう確信していた過去もありました

悩み、迷い、暗闇を手探りで進んでも

何一つうまくいかない

働いても父のギャンブルと借金にお金が消えていく

そんな暗黒の時代が確かにありました

そんなときも光を失わず

何を信じたのか

何をやってみたのか

何を続けてきたのか・・・

忘れてしまわないうちに少しずつひも解いて

100歳まで生きちゃう?どうする?

ではなく

こんなに楽しいんだもの 100歳まで生きていこう

とワクワクできる気持ちを

つづっていければと思います

縁あって読んでくださる皆様

どうぞよろしくお願いしますm(__)m